ミートショップ うちの

創業100年の老舗。近江牛、島豚、えごま豚の販売|ミートショップ うちの

株式会社 内野商店

・会社概要
・とんかつ「うちの」

 

オススメのお肉

・近江牛
・島豚
・荏胡麻豚

 

HOME»  近江牛

中川吉明氏の肥育物に限定、メス牛の近江牛

 

品質と食の安全を徹底追及 近江牛
 

品質と食の安全を徹底追及 近江牛

 

うちのこだわりの牛肉 滋賀・中川畜産 『近江牛』

肉のキメが細かくやわらかで味の良いメス牛のみ
 
 

牛肉は芝浦の東京食肉市場で、買参権(2071番)を持ち、仲買人と一緒にセリに参加し、枝肉で仕入れています。30年以上、仕入れた牛肉をその都度味見しその結果、最高品質の近江牛は中川吉明氏の肥育した牛に限定しています。近江牛販売指定店No.36です。

また、肉のキメが細かくやわらかで味の良いメス牛のみにこだわって仕入れています。自分たちが納得し、自信を持ってお客様におすすめできます。

現在、放射能物質不検出の牛肉のみが流通する体制が整っています。

 

恵まれた気候・土壌と徹底した環境管理を行なっています。

恵まれた気候・土壌と徹底した環境管理を行なっています。  

東に鈴鹿山脈がそびえる近江盆地は、四季にメリハリや一日の寒暖の差があり、飼育に適した自然環境です。
牧場の水は、鈴鹿山脈の伏流水を地下100mより汲み上げたものを使用。

畜舎の温度・湿度管理を徹底し最適な状態を保っています。

 

我が子のように手塩をかけて育てた最高の牛を皆様に!!

中川 吉昭 社長
中川 吉明 社長
 

愛情を持って一頭一頭を育てているため、「出荷の時は本当につらい」と話す中川吉明社長が経営する中川畜産は、120年以上の歴史を持つ牧場です。

中川社長は、一頭一頭の区別がつき、日々のコンディションを把握しながら、約200頭の牛を飼育しています。

うちのでは、この厳選された牛を皆様にお届けしています。

 

中川 昌成 氏   自家配合飼料の設備
自家配合飼料の設備
  滋賀・中川畜産滋賀・中川畜産
中川 晶成 氏        

 

中川畜産について

中川畜産について  

今、素牛の目利きは晶成の仕事。
こだわりは「但馬牛の田尻系」。

全国各地を飛び回り、「田尻系」の血統を引き継ぐ牛を探し出し仕入れる。
中川の牛舎には、現在約300頭の肉牛が育てられているが、いずれも小ぶりでカタチが非常に良い、昔ながらの上質な牛ばかり。

最近では「地産地育」の方針を打ち出し、繁殖育成の一貫生産にも本格的に取り組んでいる。

 

 

「エサ」は、100%植物性飼料を自家配合。品質と安全性を徹底追求

「品質は、水と飼料で決まる」

中川社長は、理想的な肉牛を育てるために、長年研究した自家配合の植物性飼料を与え続けています。
  「エサ」は、100%植物性飼料を自家配合。品質と安全性を徹底追求

 

お問い合わせ

お問い合わせはお電話にて承ります。