ミートショップ うちの

創業100年の老舗。近江牛、島豚、えごま豚の販売|ミートショップ うちの

株式会社 内野商店

・会社概要
・とんかつ「うちの」

 

オススメのお肉

・近江牛
・島豚
・荏胡麻豚

 

HOME»  荏胡麻豚

宮城県色麻町産えごまを食べた えごま豚

宮城県色麻町産えごまを食べた えごま豚

 

えごま豚とは

えごま豚とは、宮城県を代表する宮城野豚に宮城県色麻町産えごまを配合した餌を1ヶ月間与えて、6ヶ月で出荷したのがえごま豚です。

<えごまを与える目的>
ごまはシソ科の一年草で種子油にはα-リノレン酸が多く含まれており、豚に与えても良い効果が期待できると考え、適量を餌に配合し一ヶ月間与える事により、豚の肉質・脂質・香り・食味の改善に務めました。
その結果、口残らないサラッとした甘味のある脂・肉の柔らかさなど絶妙なバランスに仕上がっております。特にこれまで脂を気にされていた方には、是非一度ご賞味頂きたい豚肉です。

 

えごま豚とは

えごま豚とは
現在、週約8頭の出荷のみです
 

種子油の栄養成分中の脂肪には必須脂肪酸α-リノレン酸が多く含まれています。

この、えごま(宮城県色麻産)を出荷一ヶ月前より餌に配合肥育する事により、えごまに含まれるα-リノレン酸効果によって豚の肉質、脂質、香り、軟らかさ、食味、共に絶妙な仕上がりとなっています。

佐々木兄弟が一頭一心、愛情を込めて育てたえごま豚を是非ご賞味ください。

 

生産者の紹介

生産者の紹介
現在、週約8頭の出荷のみです
 

現在、えごま豚は、久保畜産 自社豚舎と佐々木隆三豚舎において飼育されており、
「人にも豚にも思いやり愛情・えごま豚」
をキャッチフレーズに一頭一心 愛情込めて育てられております。

 

お問い合わせ

お問い合わせはお電話にて承ります。